虚空

異次元(霊界)の世界では例えどの様に距離が離れていても其処に不慮の死亡事故等があった場合虚空を通り私の波長が感じ取り非常に辛い思いをした、今回は藤圭子の飛び降り自殺、愛川の河川敷で3歳児の車のバックによる死亡事故、これらの事件で当日原因がわからず非常に落ち込んでニュースを聞いて納得した、つまり藤圭子は私の時代歌手と幼児は私にとっては他人の子でも我が子のように身近に感じているからその幼児の波長が私に知らせに来る。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック